自分の現在の就業形態自体が、基本的に個人事業主という形ですので、キャッシングとクレジットからなるカードローンに属する貸付サービス商品は、とても貴重な存在です。

事業面での収支と自らの生活経済面でのあり方が一体化している状態ですので、そうした点で公私が厳格に区切られている法人などとは大きく異なる特徴があります。

ただしそれだけに、自由な自身による事業運営やそれに関しての発想、そのうえで私生活面の両方を同時に考えていく事が可能ですので、そうした組織法人には無い運営が出来る点が、大きなメリットといえます。

そして、事業規模が小さいだけにその分、事業資金として動く額なども組織法人などよりもかなりな低コストですので、そうした面でも、良い意味での公私混同という営業活動なども可能です。そうした面で、資金的な面での公私混同の場で活躍をしてくれる存在がまさに、先程も話したキャッシングやクレジットなどをも含めたカードローンの各種サービスです。

自分なりに正しい使い方をしていけば、法人などが出している社債などよりも迅速かつ借り入れなどが可能な分、売掛金や買掛金などの仕訳帳での配分などがしやすいという面がありますので、記帳での科目配分などをしっかりしておけば、公私問わずかなり使えます。